健康食品で解決!体の疾病克服講座|リウマチや更年期などの治療

運動

野菜を「飲む」ダイエット

飲料

向かない材料

グリーンスムージーとは、緑の葉の野菜とフルーツをミキサーにかけて、スムージー状にした飲み物のことで、芸能人などのダイエット成功例として取り上げられて以来、多くの注目を集めています。基本的に材料をミキサーにかけて水を加えるだけ、という簡単な方法で作ることができますが、そのさいに重要なのは、生の緑の葉の野菜とフルーツ以外は使わないことです。同じ緑の葉でもキャベツや白菜などは、お腹にガスが溜まりやすくなるため、材料としては不向きです。また牛乳やヨーグルトなどのタンパク質を含むものも、一緒に摂ると栄養が吸収されにくくなるので使えません。摂取量は1日に1リットル程度が適量となりますが、そのさいにはグリーンスムージー単体で飲むようにします。

栄養を効果的に摂取へ

グリーンスムージーは野菜をミキサーにかけることで、細胞壁を壊して栄養素を取り出し、体内での吸収や消化をしやすくしたものです。そのため、通常の野菜摂取よりも効果的な栄養摂取が可能となり、ポリフェノールやビタミンCのもつ抗酸化作用による美容効果や、食物繊維による新陳代謝の活性化、便秘解消の効果、胃の中の満腹感によるダイエット効果などが期待できることになります。また、最近では粉末タイプのグリーンスムージーも発売されており、手軽に摂取できるようになっています。メリットとしては、豊富な栄養素を摂ることが可能になることが挙げられますが、野菜の栄養素は熱が加わると壊れてしまうため、その加工方法には注意する必要があります。

Copyright© 2015 健康食品で解決!体の疾病克服講座|リウマチや更年期などの治療 All Rights Reserved.